×

[PR]この広告は3ヶ月以上更新がないため表示されています。
ホームページを更新後24時間以内に表示されなくなります。

身長が低いのは遺伝だから・・とあきらめてはいませんか?

身長は遺伝なの?

身長の高低が遺伝(DNA)の影響を受けるのは、25%程度と言われています。


確かに背が伸びやすい要因を受け継いでいるのは事実ですが、遺伝だけがすべてではありません。


残り75%は、後天的な要因だと言えます。


その要因は、「食事(栄養)」「適度な運動」「質の良い睡眠」。


睡眠中に筋肉や骨を成長させる「成長ホルモン」が分泌され、「食事」「運動」と 相まって背丈が伸びるということになります


ただ、規則正しい生活を送っていても「成長ホルモン」の分泌量は個人差があり、


思うように身長が伸びない子どもがいるのも現実です。



成長ホルモン分泌を促進するサプリメントがあります
こちら

成長ホルモンとは何でしょう


成長ホルモンとは人間の体内で生成されるホルモンのひとつで、HGHと呼ばれています。


ヒト成長ホルモン・HGHの効能は実に多岐にわたりますが、代表的なものに、


【身長を伸ばす / 骨や筋肉をつくる / アンチエイジング(若返り) / 脂肪の代謝】があげられます。


実は子供から大人へと成長する過程で背丈や体型が変化するのは、成長ホルモンによるものなのです。


医療現場では先天的低身長症の治療薬として用いられています


成長ホルモンとは? こちら 詳しい説明はこちら

身長を伸ばしたい人のために医師が開発した成長ホルモンサプリメント

日本では「低身長」と認定されなければ、「成長ホルモン」の保険治療は行えません。


仮に行うとすると高額な費用がかかり、また、副作用の心配もあります。


そこで、ある医師は費用の心配、副作用の心配がなく治療することはできないかと考え


「体内分泌を高める」方法によりこのサプリメントを開発したのです。


                 臨床実験の結果、成長ホルモンを50〜300倍分泌させることに成功しました。


日本人のために開発された

背が低いのは家系だからと、あきらめている方にいませんか。 身長の高低が遺伝(DNA)の影響を受けるのは、25%程度と言われています。 単に背が伸びやすい要因を受け継いでいるに過ぎないのです。 残りの要因は、後天的なものからです。 成長期に3つの要因「食事(栄養)」「運動」「睡眠」が規則正しく摂れているかが 最も大切なことだと言えます。 睡眠中に筋肉や骨を成長させる「成長ホルモン」が分泌され、「食事」「運動」と 相まって背丈が伸びるということになります。 ただ、規則正しい生活を送っていても「成長ホルモン」の分泌量は個人差があり、 思うように身長が伸びない子どもがいるのも現実です。 低身長における治療として、成長ホルモンを外部摂取(注射)する方法があります。 海外では「成長ホルモン」の大量投与が背を伸ばすのに効果がある事が認められ治療を行います。 (サッカーのメッシ選手が成長ホルモン治療をした事は有名です) ただ、国内では病気が原因であることを除き治療を行えません。 また、高額な費用や副作用の心配あることから、中々踏み切る事ができないということもあります。 HGH21プログラムは、成長ホルモン不足による低身長児への治療を行ってきた医師が 「高額費用」「副作用」の弊害を考えることなく成長ホルモン治療を行えないか という考えから実現したものです。 「外部からの投与」でなく「体内分泌を高める」方法は、臨床実験(治験)を行った結果 成長ホルモンを50〜300倍分泌させることに成功しました。 成長ホルモン分泌を高めるサプリメントは数々ありますが、 日本人に対しての治験を行ったこのプログラムは信頼性があります。 中学生、高校生にも試していただきたい。 また、成長ホルモンは低身長のほか、美肌、アンチエイジング、加圧トレーニング、 バストアップ、ダイエット、筋肉増量等の効果があることでも知られています。 バレーボール、バスケットボール、サッカー、野球等スポーツ選手が愛用するのも 筋肉作りにかかせないホルモンだからです。
Copyright © 背が低いのは遺伝だけではありません。日本人のために医師が開発 50〜300倍の成長ホルモン分泌に成功 All Rights Reserved.